水中写真

地球の海フォトコンテスト

4月6日(金)~8日(日)に池袋のサンシャインビルで開催されたマリンダイビングフェア内で同時開催された『地球の海フォトコンテスト』にて地球環境部門とビーtフォト部門にて入選いたしましたのでご報告です。

どちらも昨年の4月にマブール/シパダンに行った時のものです。

地球環境部門 タイトル:槍ぶすま

Photo

ビーチフォト部門 タイトル:マブールの夕暮れ

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川奈フォトコン

9月11日(日)は川奈フォトコンに参戦してきました。

このフォトコンは当日に撮影した水中写真をその場でプリントアウトして展示して、入賞を争うものです。

運良く、ホンソメワケベラがカサゴの口内掃除をしているシーンに出会い、まるで大きな口を開けたカサゴがホンソメワケベラを捕食するように見えた瞬間をパチリ!

『SEA & SEA賞』『川奈ダイビング協議会賞』を頂戴しました。

タイトル:食べちゃうぞ!

Matsu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第七回真鶴水中フォトコンテスト結果

5月30日(日)に開催された真鶴ダイビングサービスでのフォトコン結果のご報告です。

わがシーブリームチームから6名が参戦。3名の受賞となった。

受賞者は、Nojaさんが佳作とねぶまな賞(当日賞)、Makiさんも佳作とねぶまな賞(当日賞)、Matsuが佳作の受賞となりました。

今年も審査委員長に水中写真家の高砂淳二さんを迎え、月刊ダイバーの取材やオリンパス社から新製品の軽量一眼PENの貸し出しもあり、大変な盛り上がりを見せた。

真鶴DSのHPより http://www5d.biglobe.ne.jp/~nebu/so_photocon.htm

来年も頑張ります!!

P5300012 P5300014_3 P5300016 P5300010_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大瀬崎から望む富士山

昨日大瀬崎にダイビングに行ってきた。

関東地方は4月後半になってからは41年ぶりの積雪で寒さのため皆震えていたが、ここ西伊豆はいち早くお天気が回復し、富士山に朝日が当たってとても綺麗だった。

最初のうちは頂上付近に笠がかかっていたが、時間とともに笠雲が消えその美しい姿態を現した。

こんな富士山を見るとついついシャッターを切ってしまう・・・・・

P4170001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

デジカメフィールドフォトコン in 土肥

 7月11日(土)に水中造形センター企画の『デジカメフィールドフォトコン in 土肥』が開催され、我がシーブリームチーム4人で初めて参加してきた。

 土肥の海は、講習でプールは時々使うが『通り崎』の海は久しぶりだ。 最初のうちは意気込んでいたが、この地形も生物も良く知らない海でフォトコンにチャレンジするのはチョット気が重くなってきた。

 ジャイアントストライドでエントリーすると透明度はイマイチであるものの『夏の海』である。

 少しずつ水深を下げていくと、サーモクラインが揺らいでいる。

 そしてサーモクラインを突破すると低水温で体がキューンと締まる。

 沈船が見えてくる。 以前にも見た光景だ。 キンギョハナダイやイシモチ類が沢山いる。

 今日のターゲットをここから探そうとするが、低水温で寒さとトイレ?で自分だけ早上がり。

 そんな過酷な? ダイビングであったが『水中映像愛好家集団』であるシーブリームチームから3名の受賞者が出た。

 入賞にMakiとMatsu。

 準グランプリにNaoさん。

 そして、何とオリンパス賞をmatsuが授賞。 副賞にオリンパスのデジカメ『μTOUGH-6000』を頂戴した。

 自由部門のエントリー数は少なかったことも幸いしたと思うが、大変嬉しかった。

 そして、前回までビギナー部門でエントリーしていたNaoさんが、今回は自由部門でエントリーし準グランプリに輝いた。 おめでとうございます。

Olympus Photo

| | コメント (0)

ヒラムシの触覚はバットマン

ウミウシに似た水中生物でヒラムシと言うのがいる。 ウミウシをペッタンコにしたような形態だ。

ところが、ウミウシと似ているが生物学的にはかなり縁遠い生き物らしい。ウミウシは軟体動物門・腹足網に対して、ヒラムシは扁平動物門・渦足網に属する。

私が気になるのはヒラムシの触覚である。 ウミウシの類はご存知のように立派な触覚や二次鰓を持ったものが多い。

ヒラムシには触覚が無いものが多い。(触角を持った種類もいる) 違う種類の生物なので触覚があろうがなかろうがどっちでもいいのだが、ヒラムシは動く時に体の前縁部を2箇所角のように波打たせて進んでいるように見える。

なんとなくバットマンのように見えるのは私だけだろうか?

Lilloan

リロアンで見かけたヒラムシ

Oose

昨日、大瀬崎湾内で見つけたヒラムシ

シミチョロヒラムシと言うらしい

Mana

真鶴で見つけたヒラムシ

触覚らしきものがある

| | コメント (0)

根府川・真鶴フォトコンテスト

 昨日は大雨の中、3回目の参加となった『根府川・真鶴フォトコンテスト』の審査会で真鶴に行ってきた。

 今年の審査委員長は、昨年同様水中写真家の高砂淳二さんだ。 毎年出品数が増えてきているが今年の出品作品は応募数だけではなく、レベルもかなり上がってきている。

 我がシーブリームチームからも4名が参戦した。 昨年はシーブリームチーム全員が入賞の快挙を成し遂げ、今年もそれなりに気合を入れ毎週のように真鶴通いをした。

 結果は、残念ながら誰も入賞ならず。 気を落としながらも、来年こそはと心に誓いながらBBQに舌鼓を打つ。

 ところが、BBQ後に発表された当日賞の『ねぶまな賞』にnojaさんとmatsuが入賞。 賞金1万円をいただいた。

 昨日は、大雨と春濁りで海中の透明度は1m。 何も見えない中での撮影でターゲットはダンゴウオとタレパンダホヤ(我々のローカルネーム 正式名称は知らない)に限定。 ダンゴウオはエントリーが多いと判断し、タレパンダホヤでエントリーした。

 本選で同種の写真が佳作に選ばれていたので、入賞についてはまったく期待していなかったため、名前を呼ばれた時は自分でもおどろいた。

 入賞を逃した方は残念でしたが、来年もまた頑張りましょう。

Foto1

入賞者の発表をする社長の岡田さん

Foto2

高砂淳二さんから表彰されるmatsu

P4250019_edited

入賞作品

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地球の海フォトコンテスト

 今年初めて『地球の海フォトコンテスト』に今まで撮り溜めた水中写真の中から数点出品してみた。

 環境部門に1作品が入選した。 真鶴で撮影した土管を棲家にしているマダコの写真である。

 各部門で3点ずつ応募したが、自信作はすべて落選し、あまり自信が無かったこの作品が入選してしまった。

 今年は、我が『シーブリームダイビングチーム』から6名がエントリーし、4名6作品が入選した。 昨年入選した2名が残念ながら入選から漏れてしまった。

 入選したメンバー、おめでとうございます。 来年こそは全員入選目指して頑張りましょう。

P4040007a P4040016

| | コメント (1) | トラックバック (0)

真鶴/根府川フォトコン参戦結果

昨年に引き続き、フォトコンに参戦しました。

昨年は、我がNojaイントラが高砂淳二賞のグランプリを受賞。今年こそは自分がと我が『シーブリームダイビングチーム』から4名が出品。

さて、結果はというと。。。

Teraさん:準優勝(月刊ダイバー賞) 副賞2万円

Nojaさん:ねぶまな賞(当日出品賞) 副賞1万円

Matsu :めぶまな賞(当日出品賞) 副賞1万円

Hideさん:佳作 副賞2千円

Matsu :佳作 2作品入賞のため副賞辞退

4名全員が入賞という好成績を修めることができました。 めでたし、めでたし。

審査委員長の高砂淳二さんからも我々の作品にお褒めの言葉を頂きました。

来年もチャレンジしたいと思っています。

真鶴DSのHPの掲載:http://www5d.biglobe.ne.jp/~nebu/photocon.htm#⑤

Nojaさんのブログ:http://marine-trek.cocolog-nifty.com/

P4260049b_2 

P4260054b_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高砂淳二杯争奪戦結果

カメラ派のダイバーが多いシーブリームダイビングチームとして始めてフォトコンに参戦してみた。 今回参加したのは毎年真鶴/根府川ダイビングサービスで開催されているフォトコンで今年第4回目を迎える。 昨年までは中村征夫杯だったが今年はひげで有名な高砂淳二さんだ。

こんなことを言ってはサービスさんに怒られてしまうかも知れないが、いつも少な目のお客さんでノンビリできるのだが、流石にフォトコン当日は大変な賑わいだ。

早めに行って待っていると高砂さんが現れた。 何とオートバイに跨って超カッコイイ。 ヘルメットをとると広いおでこに髭を生やした優しそうな顔が出てきた。

水中写真講座も話が分かりやすく参考になった。 見かけよりもかなり気さくな方で、サインや写真にも気軽に応じてくれた。

Photo  

そして、今年の高砂淳二杯争奪戦結果は我がNojaイントラに輝いた。

来年こそがんばるぞ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧